前へ
次へ

タワーマンションは高層階が住みやすい

タワーマンションは都市部を中心に多く作られていますが、入居する際に迷うことがいくつかあります。
特に上の階に住むか下の階に住むか迷う人は多いです。
どちらの部分であってもメリットはありますが、住みやすいのは高層階です。
高いところだったら、眺望を楽しめるメリットがあります。
都会は高い建物が多いので下の階に住むと、自分の住居の窓から高いビルが見えてストレスを感じることもあります。
高層階だったらそのような悩みはありません。
風通しが良いのも高層階のメリットです。
都市部は夏はヒートアイランド現象のために極端に気温が高くなることがあります。
高層階も暑いですが、風が通るので下層にくらべて気温が低くなります。
このような要素があるので、タワーマンションの場合は高層階の方が家賃や価格が高いです。
下層階にもメリットはあります。
高齢の方は下層階の方が住みやすいです。
外に出る時の移動の距離が少ないので、足や腰の負担が小さくなります。
下層階の場合は災害時に避難しやすいメリットもあります。

Page Top