前へ
次へ

不動産を買う時は営業担当者との関係が重要

家や土地を買う時は、それを販売している不動産会社の営業担当者との関係が大切になります。
営業担当者はその会社の窓口になって、購入時の大切なことを説明してくれます。
普通の人には、不動産について分からない面があります。
それを分かりやすい言葉で伝えてくれるのが営業担当者です。
例えば、家の作り方で鉄筋コンクリートを選んだときは、その作り方のメリットについて教えてくれます。
購入する方は、分からないことや疑問に思うことがあったら遠慮なくたずねることが大切です。
分からないことや疑問に思うことをそのままにしておくと、後で後悔することがあります。
営業担当者の人柄が大切になります。
どんな質問にも真摯に答えてくれることが必要です。
どんな会社であっても、営業担当者は経験豊かで誠実な人を選んでいることが多いのですが、相性の問題があるので注意しましょう。
同じ人間同士なので相性の合う人もいれば合わない人もいます。
それを見極めることがポイントです。
話をしてみて、その人の話が分かりやすい場合は相性が良いと言えます。

Page Top