前へ
次へ

ディンプルキー物件のメリットとデメリット

社会人が一人暮らしをするとき、平日の昼間はほとんど家にいないでしょう。
となるとその間に侵入者に狙われる可能性があります。
自宅内に貴重品などを置かないようにすればいいのでしょうが、コレクションなどがたくさんある人はそれらを持ち歩けません。
侵入を防げる賃貸物件探しが必要になります。
侵入者が入ってくるところとして多いのが玄関で、鍵を開けて入ってくるようです。
一定のテクニックがあると数秒で鍵を開けられるようで、ツーロックタイプでも簡単に開けられる可能性があります。
そこで選びたいのはディンプルキーを備えている物件です。
通常の鍵と少し計上が異なります。
一般的な鍵はシリンダー錠と言われでこぼこがあります。
一方ディンプルキーはでこぼこがなく、表面にいくつかのくぼみがあります。
このくぼみが鍵の内部で一致することで開けられる仕組みで、簡単に開けることはできないようです。
ディンプルキーの物件自体が狙われにくいメリットがあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top